なぜ、このトレード手法で利益が残るのか?

FXで利益を残すには、エントリーポイントと投入ロット数の管理が重要です。基本的には、相場の上げ下げを予想するのは難しく、損きりを沢山行いながらも最終的には利益が増えていく状態が望ましいわけです。

 

損きりすることを前提にトレードするには、感情面とロット数の管理がとても重要です。

 

そこで、今回は私が行なっているトレードのルールをご紹介します。私のトレードスタイルは基本的にトレンドに乗って行ってピラミディングをするスタイルです。利益が乗っている時に、更にポジションサイズを大きくしていく手法です。逆に、思惑と逆行してマイナスになった時はさっさと損きりします。ナンピンはしません。

 

基本的に次の3つのルールに従ってトレードしています。

 

1、ポジションない状態で、最初にエントリーする時は、指値または逆指値を使う。成行注文はしない。

 

2、利益が乗ってきた時は、ピラミディング(勝ちポジションの積み増し)を行う。逆に負けている時にポジションは積み増さない(ナンピンはしない)。

 

3、ピラミディングをする時は、成行でも注文する。

 

なぜ、このようなルールを儲けているかには理由があります。

 

まず、1のポジションがない状態の時に成行注文をしないのは、負けた後の復讐トレードをしたくなる心理を抑えるためです。損切った後に、指値または逆指値注文を入れてもすぐに約定しないので、冷静になる時間が稼げます。

 

逆に、ピラミディングしている時は成行で、バンバン注文を入れていきます。これは、ピラミディングは心理的には難しい行為なので、積極的に行う意味を込めて成行注文を使うようにしています。

 

最後に、これがもっとも重要なのですが、ナンピンはしないけどピラミディングは積極的に行います。これはコツコツドカンと言うのと逆のトレード手法になります。コツコツ負けて、ドカンを勝つと言う感じです。

 

これは人間の心理に反したトレード手法なので、エッジがあるわけです。

 

参考になればと思います。

 

matched contents