アセットアロケーション(資産配分)の重要さ

長期投資をするうえで、重要なのはアセットアロケーションです。

 

アセットアロケーションとは、もっている資産を、どのような割合で異なる金融商品に振り分けるかということです。

 

たとえば、みなさんの年金の原資であるGPIFは、国内債券35パーセント、外国債券15パーセント、国内株式25パーセント、外国株式25パーセントなどです。GPIFはかなり攻撃的な資産配分ですね(笑)

 

長期投資におけるパフォーマンスはこのアセットアロケーションが適切にできているかどうかにかかっています。

 

例えば、すべて資産をすべて日本円でもっていると、インフレーションが来た時に、大きく目減りしてしまいます。

 

最適なアセットアロケーションは人によって異なりますが、次のような配分が一つの例として考えられます。

 

国内株: 25パーセント、

外国株・外国債券: 25パーセント

不動産: 25パーセント

現金: 25パーセント

 

私自身は、国内株15パーセント、外国株・債権15パーセント、現金70パーセントくらいの割合です。

 

景気不況時に、大きく投資できるように現金部分を大きくしています。

 

アセットアロケーションの戦略を十分に練っておくことをおすすめします。

matched contents