ソディックが悪い決算、しかし株価上昇!

今週の月曜日(11/14)にソディック(6143)の中間決算発表がありました。悪い決算内容にもかかわらず、翌日(本日)大幅に株価が上昇しています。

 

ソディックは放電加工機で世界首位級です。NC装置を内製して、独自色も強いです。海外売上も64%あります。典型的な景気循環株ですね。

 

さて、今回の中間決算の結果は以下の通りです。

 

売上 28,387百万円(予想28,800百万円,前期32,705百万円)

営業利益 1,982百万円(予想2,150百万円,前期3,170百万円)

経常利益 1,050百万円(予想1,500百万円,前期3,132百万円)

(四半期)純利益 1,058百万円(予想1,300百万円,前期2,604百万円)

(四半期)一株あたりの純利益 22.14円(予想27.18円,前期51.75円)

(通期)一株あたりの純利益(予想)73.85(前回決算発表時の予想は73.85)(d)

*今期の直近に公表されている業績予想からの修正は無し。

 

ソディックは、前年度に比べても、第一四半期の会社予想に比べても悪い結果でした。ただ、報道によると「ソディックは金属3Dプリンターで造形した複雑な形状の金型をすぐに射出成形機で活用して製品を打ち出せる生産システムを開発、月内に発売する」とのことで株価が上昇しています。

 

この報道で、株価は本日の終値で833円となり、81円上昇しています。また現在のPERとPBRが11.2と0.91です。

 

今年上半期分の「一株あたりの純利益」の予想と実積値の乖離が5.04円です。この数字にPERをかけると株価下落幅の理論値は56.4円になります。本日の上昇分が81円です。株価は理論通りには動きませんが明日はどうなるでしょうか?

 

 

あと、本日に住江織物(3510)の第1四半期の決算発表がありました。内容が悪いですね。また、前年度までの決算の修正が入っているのも気になります。

 

それでは明日も頑張りましょう。

matched contents