ポジポジ病解消の秘策

トレードしていると、ついついなってしまうのがポジポジ病です。

特にトレードに熱中してくると、とりあえずポジションを持ちたくなる癖です。

特に負けが込んでくると、ますますポジションを取りたくなり、負け分を取り戻そうとするのは、人間の良くある心理です。

休むも相場という格言があるが、言うは易し、実行は難しです

トレードの場合、このポジポジ病にかかっていると、トータルに勝つことはほぼ不可能でしょう。

基本的に、トレンド相場になるまで待って、揉み合い相場にはまらないことが、トレードで最終的に利益を残すコツです。

このポジポジ病にかかっていると、どうしてもトレンド相場になるまで待つことができずに、揉み合い相場でやられることになります。

さて、どうすればこのポジポジ病を解消できるでしょうか?

一つは、普段は小さいロットでチマチマやって、チャンスの時だけロット数を増やすという手があります。ただ、この方法だと、ロット数を増やして負けたときに、次のトレードでロット数を小さくするのが心理的に難しいです。

どこで、おすすめの方法は、エントリーの際に成り行きではなく、指値または逆指値を使うのが良いと思います。

とりあえず、トレードしたくなったら、必ず指値、逆指値でエントリーをすれば、とにかく実際にポジションを持つまでに時間待ちが必要です。それによって、仕掛けてはいるけど、ポジションをもたないという時間に慣れてきます。このポジポジ病から卒業できるようになるでしょう。

また、指値、逆指値エントリーで、どこで仕掛けるかをよく考えるようになるのも、良いところです。成り行きだとついつい気分でエントリーになりがちですので、、、

ポジポジ病にかかっている方は、指値、逆指値エントリーを使ってみてください。(エントリーと同時に損切注文も忘れずに、、、)

matched contents