出来高と値動きの関係

株には出来高という指標があります。この見方、使い方について基本的なことを解説します。

 

出来高とは、その日その株を取引きした総株数を表します。なので、相場が活況であれば、出来高は多いし、相場が枯れていれば、出来高は小さくなります。

 

株の価格の動き(チャート)は、よく見ていると思いますが、出来高に注目すると、値動きとは違った情報を得ることができます。

 

基本的には、相場の転換点(トレンドが変わるところ)で、出来高は大きくなることが多いです。

 

例えば、上昇トレンドから下落トレンドにトレンドが変換するとき、その前後の出来高は大きくなります。また逆に下降トレンドから上昇トレンドに転換するときも同じく、出来高が大きくなる傾向があります。

 

上昇トレンドの最中に急に出来高が大きくなったら、そろそろ上昇トレンドも終わり、下落トレンドに転換かななどと疑ってみると良いと思います。

 

出来高が急上昇すれば、必ずトレンドが転換するわけではありませんが、頻繁にみられる現象なので、ぜひ値動きだけでなく、出来高も一緒に見る癖をつけとくことをお勧めします。

 

出来高の基本的な見方の解説でした。

matched contents