来週のドル円・日経平均の相場展開予想(あけましておめでとうございます。)

あけましておめでとうございます。

 

昨年は、年前半で株も為替も大きく下げましたが、年後半でV字で、ほぼ全戻しの様な展開になりました。来年度はトランプが大統領に就任して、その経済政策に注目の一年になります。今年で怖いのは、トランプが円安警戒の発言や政策に傾くことです。これが起きると、強烈な円高、株安になりそうです。

 

とりあえず、来週の1月6日金曜日に今年最初の米国雇用統計がありますので、注目です。

 

さて、早速米ドルの週足チャートを見てみましょう。

dollaryen2017-01-01

先週のドル円は116円のサポートを試す場面がありましたが、そのサポートは守られ現在117円ジャスト付近です。116円から122円の間のレンジ相場に入ったように思えます。しばらくはドル円は底堅そうです。下は116円、上は122円のラインを注目して見ていきたいと思います。

 

次にドル円のIMM通過先物のポジション動向を確認しましょう。

usdjpyposition2017-01-01

ドルロングが87000枚と大きく溜まって来ています。投機筋がかなりドルロングにポジションを偏らせて来ています。この巻き戻しがあると怖いですね。

 

来週のドル円の取引戦略としては、基本的にドルロングで攻めていきたいと思います。ただ、ドル円が116円を割っていくようであればドルロングは撤退したいと思います。

 

次に日経平均(先物)の週足チャートを見てみましょう。

 

nikkei2017-01-01

日経平均株価のEPS(一株あたりの利益)は1,181.36円です。これを14倍、16倍して日経平均の適正株価を求めると16,539円~18,901円になります。現在の株価が19,114円なので、適正株価の上限を超えて少し割高ですね。ただ、少し戻していますので、再度上値を追う展開も考えられます。

 

来週の取引戦略としては、ドル円が底堅いようであれば、日経先物をロングで攻めて見たいと思います。ただ、ドル円が116円を割っていくようであれば、日経先物ロングも撤退したいと思います。

 

それでは今年も宜しくお願い致します。

matched contents