米国GDP発表前のトレード解説

米国GDP発表前にしたトレードの解説をします。

次の図が今日(というか日付が変わったので昨日ですね)のドル円の30分足のチャートです。

ドル円2016-10-29

最初の白丸(左側)でロングでエントリーして2番目の白丸(右側)で決済しました。

 

まずエントリーの理由を説明します。基本的にはトレンドに乗るトレードです。チャートを見てもらえればわかりますが、エントリーする前の時間帯に大きなトレンドが出ています。なので、この時点ではロングをすることしか考えていません。また105円が週足でのレジスタンスとなっていますが、それをブレイクしてきたので逆に105円がサポートになると思いました。

 

そこで、105円を超えて一旦垂れ下がってきたところを押し目になると踏んで、最初の白丸で買いエントリーしました。損きりラインは104.76です。

 

ここから再度上昇していくと思いましたが、あまり伸びずに上図の黄色い矢印にあるように嫌な感じ上髭が出たので決済しました。

 

10/28 13:32 ドル円(買い)105.16円

10/28 15:29 決済 105.32円 (+16pips)

 

損きりラインに比べて利益が少ないのであまり良いトレードとは言えませんが、結果オーライとしておきます。

 

また、エントリーチャンスを探したいと思います。

matched contents