英国EU離脱確実、ドル円100円・日経平均15000円割れ、どうする?

英国のEU離脱が確実となりました。これを受けて、ドル円100円割れ、日経平均15000円を割れてきています。為替も株もリスク回避の動きを強めています。

 

さて、英国のEUの離脱の影響ですが、実際に離脱をするのは2年後ということで、金融相場への影響はともかく、すぐに実経済に影響があるというわけではありません。慌てないで、落ち着いて考える必要があります。

 

英国がEUを実際に離脱するのはだいぶ先のなので、各国様々な対策をする時間は十分にあります。リーマンショックの時のような金融市場の信用不安が起きるとは考えにくいですね。

 

(ただ、EUの統合の歴史が逆回転するという政治的な長期リスクは頭に入れておいた方が良いでしょう。)

 

特に日経平均EPSは1189.62円で,これを14倍、16倍すると、それぞれ16654円と19033円です。これからの景気悪化を織り込んだとしても、日経平均15000円前後というのは企業業績的には大幅安と考えれらます。

 

デフェンシブ株や、優良株を仕込む良いチャンスと考えられます。下げ止まりを確認してから、買いを入れていきたいと思います。

 

 

 

matched contents