(株式投資)固定資産は本当に価値があるのか?

貸借対照表(バランスシート)は左と右の2つの欄があり、左の方の欄に書いてあるのが資産の項目です。さらに資産も流動資産(左欄の上部に)と固定資産(左欄の下部)の二つに分かれていています。この記事ではとくに貸借対照表の左下に書かれている固定資産について、株式投資の観点から解説します。

 

はじめに

固定資産とは、販売目的でなく継続的に会社で使用することができる資産のことです。固定資産は流動資産とは異なり、すぐに現金に換金するのが難しい資産です。固定資産はさらに「有形固定資産」と「無形固定資産」と「投資その他資産」に分かれます。

 

流動資産に比べて、固定資産は本当の資産というより、単に将来償却しなければいけない費用を単に並べて書いてあるだけの場合も多いので要注意です。償却するということは、固定資産に書いてある金額を毎年費用として計上して、少しづつその項目の金額が減っていくということです。この場合、資産というより将来の利益を削る負の遺産と考えられます。

 

つまり、流動資産がプラスの意味を持つのに対して、固定資産はマイナスの意味をもつことも多いので注意が必要ということです。

 

さて、固定資産の小項目を以下で見ていきましょう。

 

有形固定資産

有形固定資産とは、原則として一年以上使用する目的で所有する資産で、具体的な形態をもったものです。具体的には、建物及び構築物、機械装置及び運搬具、土地、建物仮勘定などが該当します。これらの資産のうち、建物や機械装置は、減価償却をしなければいけないので、毎年この分の費用が発生します。なので、基本的に費用化しなければいけない固定資産が多い場合は、利益が出にくいといえます。株式投資の際に注意しなければいけないポイントです。

 

無形固定資産

無形固定資産とは、長期にわたって経営に利用されて、具体的な形態のない権利、資産をさします。のれん、特許権、商標などがあります。この無形固定資産には、まったく資産価値のないものも含まれていることもあり、単に将来の費用に計上されるだけに存在することもあるので、要注意です。たとえば、のれんなどは、他企業を買収したときに発生しますが、じっさいにブランド価値が引き継がれなかったり、そもそも存在しない場合は、実際には無価値で、将来の費用を大きくするだけという場合もあります。。。

 

投資その他資産

投資その他資産とは、子会社や関連会社の株式や、長期的に保有する有価証券、一年以内に期限が到達しない預金、貸付金、投資目的で保有する不動産などのことです。投資有価証券、関連会社株式、貸付金、長期預金などがあります。

ここには、価値の高い有価証券が市場価格より小さい簿価で計上されていることもあり(ソフトバンクグループのアリババ下部など)、お宝(笑)が眠っていることもあります。

 

まとめると、固定資産は中身を良く精査しないと、本当に価値があるかどうかはわかりません。というか、将来の費用に転嫁される償却項目が積みあがっているだけの場合も少なくないので、固定資産が膨らんでいる会社の株式に投資する時は注意しましょう。

matched contents