FOMC議事録公表(今日のドル円のテクニカル分析)

今日の深夜にFOMC議事録の公表があります。3月利上げに対するコメントと、トランプ政権に関するコメントに注目ですね。

 

さて、今日のドル円のテクニカル分析です。USD / JPYは昨日の火曜日に少し上昇しましたが、本日少し下げています。ただし、先週は112.5円のレベルでサポートされていますので、下値は堅そうです。現在レンジ相場となっていますが、上にブレイクすれば再び115円のレベルに到達しそうです。

 

さらに、112円付近は日足レベルでの38%フィボナッチリトレースメントレベルでもあり、強力なサポートラインになっています。

 

短期的に、下がる場面があれば、ロングにする絶好のチャンスとなりそうです。今は、ドル円をショートにするつもりはありません。中長期的に引き続き上昇していくと予想しています。

 

とりあえず、今日のFOMCの議事録に注目しましょう。

 

 

 

matched contents