FXとレバレッジ

FXでは、少ない手元資金(証拠金)で大きな金額の投資ができます。これをレバレッジ(leverage)と言いますが、これについての詳細や注意すべきことなどを解説します。

 

レバレッジとは

 

少ない手元資金で、それより大きな金額の投資をする仕組みがレバレッジです。具体的には、FX会社に少ない証拠金を預けておけば、それを担保に最大25倍の金額の投資ができます。昔は証拠金の100倍とか200倍の取引ができたのですが、現在は法律で日本では25倍以下に規制されてしまいました。

 

例えば、ドル円のレートが120円の時に一万通貨(1万ドル)のドルを買ったとします。(FXではこれをドル円をロングにするといいます。)すると、120万円を米国ドルに投資したことになるわけです。

 

この時に25倍のレバレッジをかけると、この投資を25分の1の証拠金で取引できます。つまり4万8千円の証拠金があれば120万円(米ドル一万通貨分)の取引ができます。手元資金の25倍もの大きな金額の取引ができるわけです。少ない資金で大きな金額の取引ができるのがレバレッジのメリットですが、もちろんリスクもあります。

 

強制ロスカット

 

レバレッジをかけている状態で自分の思惑に反して相場が逆行した時は、レバレッジをかけている分損失も大きくなります。含み損が多くなっていき、FX会社に預けている(含み損も含めた)資金が、必要な証拠金を下回るとFX会社によってポジションが強制決済されることになります。どの程度、必要な証拠金を下回ると強制決済になるかはFX会社によって異なりますので、事前に調べておいたほうが良いでしょう。

 

例えば、米ドル円が120円の時に、一万通貨のドル(1万ドル)の買いポジションを立てるとします。この時レバレッジが最大25倍とすると必要な証拠金が4万8千円です。FX会社に4万8千円しか証拠金を預けていなかったとしたら、相場がちょっと逆行しただけですぐに必要な証拠金を下回ってしまい強制ロスカットの対象になってしまいます。

 

強制ロスカットは、FX会社に預けている資金以上に損失が出ないように自動的にロスカットをしてくれるので、ある種の安全弁として働きます。ただし、自動的にロスカットしてくれるとは言っても、相場が急変した時は、思いもよらない不利な価格でロスカットされるということもあります。その場合は預けている資金以上の損失になることもあるので要注意です。またロスカットのための手数料をとるFX会社もあるようなので注意しましょう。

 

FX会社に預けてある(含み損を含めた)資金を、そのポジションに必要な証拠金で割った割合を証拠金維持率と言います。この証拠金維持率をどれくらい下回ると、強制ロスカットの対象になるかはFX会社によって違います。おおよそ証拠金維持率が50%〜100%くらいまでに下がると、追証や強制ロスカットの対象になるFX会社が多いようです。

 

証拠金維持率が100%でロスカットするFX会社は、預けている含み損も含めた資金が必要な証拠金を下回ったら即ロスカットということになります。証拠金維持率が50%で強制ロスカットのFX会社は、次で説明する追証という警告を出して必要な証拠金を回復するように催促してきます。

 

追証、マージンコール

 

レバレッジをかけてポジションを立てている時に、相場が自分の思惑とは逆行して含み損が膨らんで必要な証拠金を下回ると、FX会社は追証(マージンコール)と呼ばれる警告を出します。追加で資金を入れないと強制ロスカットになりますよという警告です。

 

FX会社に預けている(含み損も含めた)資金が必要な証拠金以上になるように追加で資金を振り込めば、強制ロスカットはされません。必要な追加資金を入れないでおくと、残念(?)ながら強制決済ということになります。

 

レバレッジをかける時に実際に必要になる資金量

 

追証や強制ロスカットの対象にならないようにトレードするには、どれくらいの資金が必要か考えてみたいと思います。

 

例として米ドル/円の為替レートが120円の時に一万通貨のドルロングのポジションを持ったとします。この時、米ドルを120万円分買ったと同じことになります。そして最大でドル円レートが5円下がっても強制決済に合わないようにするとしたら、いくら資金が必要になるでしょうか?

 

まず、最大レバレッジが25倍の時、120万円の1/25が、4万8千円が必要な証拠金として必要です。さらに、ドル円が5円下がる(ドル円が115円になる)と仮定すると、5万円の含み損が出ます。なのでこの両方の金額(必要な証拠金+想定される最大含み損の金額)を足した9万8千円がこのトレードに必要な資金となります。

 

ドル円を一万通貨でデイトレするならば、最低でも10万円くらいはFX口座に入れておいたほうが良いでしょう。

 

トレード時に注意すべきこと

 

レバレッジとかけてトレードする時に注意することを最後に書いておきたいと思います。

 

デイトレなどの短期トレードであれば、これまで説明してきた通り強制ロスカットに合わないように資金を用意しておく必要があります。

 

また、手数料を取られることもあるし、強制ロスカットにおいてどのレートで約定するかは究極的にはFX会社次第なので、強制ロスカットはなるべく避けたほうが良いです。そのためには、強制ロスカットされる前に自分で確実に損切りをする必要があります。自分で確実に損切りすることのできない人は、逆指値を使って機械的に損切りをしたほうが良いでしょう。

 

またスワップ目的や外貨預金代わりにFXに長期投資をする人は、レバレッジをかけないで取引をしたほうが良いでしょう。もしレバレッジをかけるとしてもせいぜい2倍程度にとどめておいたほうが良いです。

 

例えば、現在米ドル円のレートが120円だとします。レベレッジが2倍だとドル円が60円になると強制ロスカットになる可能性があります。

 

ドル円が60円というのは、あまり起こらなさそうですが未来永劫絶対起らないとは言えません。長期投資で損切りを入れないのであれば、やはり低いレバレッジもしくは、レバレッジをかけないのが鉄則です。

matched contents