(株式投資)流動資産は会社の本当の資産か?

決算書には損益計算書(PL)、貸借対照表(バランスシート)、キャッシュフロー計算書の3種類があります。このなかで、貸借対照表は左に資産、右に負債と純資産が書かれています。さらにその資産は上部に流動資産と下部に固定資産の2つに分かれます。この記事では貸借対照表の左上のほうにかかれている流動資産に注目して解説します。 

はじめに

流動資産とは、一年以内に現金化できる(はず)の現金、売掛金、満期が1年以内の定期預金などです。対比すべきもう一方の固定資産はすぐに現金化するのが難しい1年以上の定期預金や流動性の低い土地建物などが含まれるます。また固定資産にはブランド料と考えられるのれんなどの無形資産や今後償却が必要な装置類などその資産価値が怪しいと思われる資産が含まれます。

 

一般的にいって、流動資産は固定資産に比べて、流動性があり、額面通りの価値がある可能性が高い資産といえます。業界にもよりますが、固定資産より流動資産のほうが多い会社が投資先として一般的には望ましいと言えます。

 

さて、以下では流動資産に注目しましょう。流動資産は現金化しやすいものから、上から順番に並んでいます。流動資産における株式投資をするうえで重要なポイントを解説したいと思います。Z

 

現金及び預金

現金および預金はわかりやすいですね。現金が支払えなくなった時に、会社は倒産するわけです。売掛金などの回収がおくれて、現金が底をついたら、黒字であっても倒産します。十分な回転資金があるかチャックする必要があります。

また逆に、儲かった利益を現金として、必要以上に蓄えすぎている会社もあります。いずれ、自社株買い、配当などで株主還元される可能性も高いので、投資家には狙われやすい会社のこともよくあります。

 

たまにあるケースとしては、現金をため込んでいる会社の株式を大量に買い占め、株主として自社株買いや配当増を要求して株価を吊り上げ売り抜けるというファンドなどがたまにニュースになります。投資家としては現金として貯まった余剰資金は狙い目になることがあります。

 

受取手形及び売掛金

受取手形や売掛金は、製品などが売れたのにもかかわらず、まだ代金を受け取っていない債権のことです。受取手形や売掛金は、いずれ回収されるはずのものですが、あまり多い場合は注意が必要です。売上を先回りして計上しているかもしれません。目安としては、売掛金が一年間の売上高の3割を超えていたら要注意です。

 

来季の売り上げを前倒して計上していたりする可能性もあるので、売掛金が大きい場合は、何年かの売掛金の推移を調べるとよいと思います。また、取引先の倒産などで、売掛金が回収できない可能性もあることを注意しておいたほうがよいでしょう。

 

棚卸資産(商品・製品、仕掛け品、原材料)

棚卸資産は、いわゆる在庫のことですね。とりあえず、それが売れると仮定した場合の価値を表していますが、売れなかった場合は、何の価値もありません。倉庫に商品が眠ったままということになりますし、将来減損処理をして将来の利益を減らすことになります。

 

この棚卸資産が大きい場合は要注意です。目安としては、棚卸資産の合計が、一年間の売上原価の3割を超えていたら要注意です。価値のない在庫を抱えている可能性も疑ったほうがよいかもしれません。

 

まとめ

今回は流動資産資産について取り上げてきました。資産なかでも固定資産よりも流動資産のほうが信頼できます。さらにそのなかでも、現金及び預金が一番信頼できて会社の本当の資産といえます。売掛金はまあまあ信頼できますね。ただ、棚卸資産は売れなければただのゴミですので、資産としての信頼性はあまりないと言えます。

 

株式投資をするうえでは、この資産の信頼性を気を付けておくと良いでしょう。