ROAによる経営分析

株式投資とするとき、まずやるべき経営分析としては、ROA(Return on Asset)を計算することだろう。日本語では、総資本経常利益率という。最近ではROEにも着目されているが、まずはこちらを基本とする。

 

ROA = 経常利益 ÷ 総資産 × 100

 

ROAは、貸借対照表の左側にある総資産に対する経常利益の比率である。いかに、手持ちの資産を効率よく使っているかがわかる。効率の悪い固定資産などをもっていると、このROAが悪くなる。

 

これをさらに売上高で、分解して経営分析をするのが、王道だ。

 

ROA = (経常利益/売上高) × (売上高/総資産)=売上高経常利益率 × 総資本回転率

 

これにより、ROAの改善や悪化の原因をより詳しく、調べることができる。

 

大きい指標から細かく見ていくのが、王道である。

 

[ad#co-1_investor]

matched contents