ピックルスコーポレーションの最近の業績について

ピックルスコーポレーション (2925)が、先週の11月18日に業績修正を発表しました。それについて、内容を見てみたいと思います。

 

漬物業界1位で、セブンイレブンなどにキムチや浅漬けなどを提供しています。「ご飯がススム」などのブランドが有名です。

 

さて、会社発表によると、今回の29年度2月期通期の業績予想の修正の結果は以下の通りです。

 

売上 修正後36,404百万円(修正前36,817百万円,前期30,152百万円)(短d中u)

営業利益 修正後991百万円(修正前1,402百万円,前期931百万円)

経常利益 修正後1,069百万円(修正前1,445百万円,前期975百万円)

純利益 修正後706百万円(修正前897百万円,前期692百万円)

一株あたりの純利益 修正後140.24円(修正前178.28円,前期139.35百万円)

一株あたりの純利益の予想の修正幅*PER  △384円程度

11/22日の株価1420円(PER 10.1)

 

今回の発表で業績が下方修正されています。これにより、発表翌日(11/21)には△62円(△4.1%)ほど下落しています。そしてさらにその翌々日にも△6円(△0.4%)ほど下落しています。

 

今後の推移を見たいと思います。

 

あと、ヤガミ (7488)も11/22日に第2四半期の決算発表をしました。

 

それでは明日も頑張りましょう。

 

matched contents