キャッシュフロー計算書のきれいな形とは?

キャッシュフロー計算書は、営業キャッシュフロー、投資キャッシュフロー、財務キャッシュフローの3つからなっている。

キャッシュフロー計算書を見たときに、その企業(または株主)にとって、一番理想的な形は何であろうか?

結論から言うと、理想的なキャッシュフローは、以下の(1)と(2)の両方の条件を満たしている場合だ。

(1)
営業キャッシュフローがプラス
投資キャッシュフローがマイナス
財務キャッシュフローがマイナス

(2)
営業キャッシュフローのプラスの金額が、投資キャッシュフローと財務キャッシュフローのマイナスの合計(絶対値)を大幅に上回ってる。

 

図にするとこんな感じ。

cash_flow_statement

これは、その企業が、本業で沢山の現金を稼いで(大幅なプラスの営業キャッシュフロー)、それを新しい設備などに投資して(マイナスの投資キャッシュフロー)、さらに、過去の借金を返済している(マイナスの財務キャッシュフロー)状態を表し、企業にとっては理想的な状態だ。

とりあえず、このキャッシュフローの理想的な状態を頭において、それ以外のパターンも理解していくと良いでしょう。

 

[ad#co-1_investor]

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

 


株式 ブログランキングへ

 


為替・FX ブログランキングへ

 

matched contents