ワコム(6727)の中間決算で株価大幅下落!

昨日(11/9)にワコム(6727)の中間決算発表がありました。この決算内容で、翌日(本日)株価が大幅に下落しました。

 

ワコムはペン入力のタブレットで世界首位のメーカーです。他社向けに電子ペンシステムの開発もしています。タブレットの製造販売ビジネスは、今後パソコン一体型のタブレットの普及が予想されるので、厳しいかもしれません。

 

さて、今回の中間決算の結果は以下の通りです。

 

売上 33,797百万円(予想34.180百万円,前期38,956百万円)

営業利益 -898百万円(予想-1,070百万円,前期2,053百万円)

経常利益 -1021百万円(予想-1,140百万円,前期2098百万円)

(四半期)純利益 -1226百万円(予想-870百万円,前期1261百万円)

(四半期)一株あたりの純利益 -7.48円(予想-5.31円,前期7.62円)

(通期)一株あたりの純利益(予想)-9.24円(前回決算発表時の予想は9.89円)(d)

*今期の直近に公表されている業績予想からの修正は有り。

 

前年度に比べて減収減益ですね。。。さらに第一四半期時点での会社予想に比べても、売上、純利益共に悪化しています。特に今年度通期の一株あたりの純利益の予想が黒字から赤字に修正されています。

 

また、昨年度3月期の通期の決算短信を見てもここ一年業績悪化に苦しんでいる感じです。営業キャッシュフローが悪化していて、自己資本が減少しています。

 

 

この中間決算内容で、株価は本日の終値で265円となり、昨日から-29円下落しています。また決算発表前のPERとPBRは29.7と1.4です。今日の決算発表後は、通期の一株あたりの純利益がマイナスなのでPERは計算できません(マイナスになります。)。

 

また、今年上半期分の「一株あたりの純利益」の予想と実積値の乖離が15.1円です。この数字にPERとして15を仮定して掛け算すると株価の下落幅の理論値は-226.5円になります。(PERが計算できないので、PERとしてとりあえず平均的な15という値を採用しました。)しかし、株価は265円なので、理論通りだと株価は38.5円になるはずです。(ただ、会社に純資産があるのでそこまでは下落しないと思いますが、、、ざっと計算すると換金できそうな資産(負債引いた後のネット資産として)が一株あたり60円くらい有ります。)本日の実際の下落分が29円です。株価は理論通りには動きませんが、今後どうなるでしょうか?

 

それでは明日も頑張りましょう。

 

 

matched contents