映画「マネー・ショート」を見に行ってきました!

最近(確か本日)公開された金融関連の映画「マネー・ショート(華麗なる大逆転)」(原題:The Big Short)を

映画館に見に行きました。

 

金曜日の夕方でしたが、人はほとんど入っておらず、混雑していなくて快適に見れました。

 

内容は、原作「世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち」を映画版にしたものです。

 

もともと、この原作を読んだことがあったので、内容は始めから知っていたのですが、映画も面白かったですね。

 

題材は、リーマンショックの時に、住宅関連の金融商品をショートにした人たちの話です。(詳しくはネタバレになるのでやめます。)

 

まあ、そのころからトレードしていた人にとっては、この結論がどうなるかは知っていると思いますが、見ごたえがありました。

 

綿密な調査と確信がトレードに必要であることが分ります。

 

金融やトレードに詳しくない人がみると、ちょっと筋を追うのが難しいかもしれませんが、トレードやっている人は必見だと思います。

 

映画館に行けない人は、ぜひDVDになってからでも見てください。

 

原作ももちろん面白かったですよ。

 


 

matched contents