決算書の純資産の部ではどこに注目すべきか?

株式投資では、決算書を分析することが必修である。

今回は、貸借対照表の純資産の部について書こうと思う。

貸借対照表は、その企業が今まで行ってきた企業活動の過去の蓄積が、すべて積み重なった結果が表現されている。

いままで、ダメな経営をしていれば、汚い貸借対照表になっているし、良い経営をしていれば、きれいな貸借対象表になっている。

貸借対照表の純資産の部には、おもに資本金、資本剰余金、利益剰余金など様々な項目があるが、もっとも注目すべきは、利益剰余金である。おおざっぱにいえば、企業の内部留保のことである。

純資産の利益剰余金は、これまで企業が稼いできた総利益を表している。

良い経営をしている会社は、この利益剰余金が充実しているはずだ。

純資産の部を見るときは、まず利益剰余金に着目すると良い。

 

[ad#co-1_investor]

matched contents