貸借対照表

株式投資をするうえで、財務分析をすることは必修です。企業の発行する決算書(決算短信、有価証券報告書)でまず最初に出てくる貸借対照表(Balance Sheet)について解説します。

貸借対照表は、企業が過去にしてきた活動の結果が、総まとめとして表れています。いままで、いい加減な経営をしてきていれば、汚い貸借対照表になっているし、良い経営をしていれば、きれいな貸借対照表になっています。

損益計算書や、キャッシュフロー計算書がお金の流れを表す”フローの情報”であるのに対して、貸借対照表は、その時点での企業の財務状況のスナップショットで”ストック情報”になります。

貸借対照表は、英語でバランスシートと呼ばれます。この英語名でも示唆されるように、貸借対照表は右と左に項目が分かれていて、右側のほうを貸方(Credit)といい、左のほうを借方(debit)といいます。大雑把にいうと、決算書に右側は、どうやってお金を集めたか(資金調達)を示していて、左側はその集めたお金をどのように使っているか(資金運用)を示しています。なので、必ず、決算書の右側と左側の総金額は一致します。

 

貸借対照表は、右側に負債と純資産の部分、左側に資産の部分がありますが、詳細を見ていきましょう。

資産の部 負債・純資産の部
流動資産 流動負債
固定負債
固定資産 純資産

 

右側(負債と純資産の合計)がどうやって資金調達をしたかを表しています。左側(資産)が、資金調達をしたお金をどのように運用しているかを表しています。

 

資産(liabilities)

では、貸借対照表の左のほうを見てみましょう。

資産とは、大ざっぱにいって貸借対照表の右側(負債、純資産)で調達してきた資金を、どのように使っているか(資金運用)を表したものです。大きく分けて、流動資産と固定資産に分けられます。流動性の高いもの(現金化しやすいもの)から順番に上から並んでいます。

流動資産(liquid assets)

流動資産とは、1年以内に現金化できる資産です。現金及び預金、受取手形及び売掛金、有価証券、棚卸資産(商品・製品、仕掛け品、原材料)などです。これらは、現金化しやすいことから、その項目に書かれている金額が、ほぼ額面通り会社の本当の財産考えることができます。(たまに、取引先が倒産して売掛金などが回収できないこともありますが、、、)

固定資産(fixed asset)

固定資産とは、一年以上保有する目的の資産です。固定資産には、有形固定資産(建物、構築物、土地、建設仮勘定など)と無形固定資産(のれん、地上権、特許権、商標など)の2種類があります。この固定資産には、額面通りの資産価値がないものも多く含まれていることもあり、会社の資産評価をする際に注意が必要です。

 

負債(liabilities)

次に右側の部分をみていきましょう。負債とは、大ざっぱにいって、他から借りてきたお金のことです。大きく分けて、流動負債と固定負債に分けられます。貸借対照表では、返済期限の短いものから順番に上から並んでいます。

流動負債(Current liabilities)

一年以内に返さなければいけない負債(借金)のことです。この金額が大きいと資金繰りに詰まって、倒産する可能性が高いです。支払い手形、買掛金、短期借入金、未払い法人税、賞与引当金などの項目があります。

固定負債(Long-term liabilities)

支払い期限が一年以上後の負債(借金)です。支払期限が一年以上あるので、これが大きくても当面の資金繰りには困りませんが、この返済期限が迫るときに注意が必要です。長期借入金、退職給付引当金などの項目があります。

 

純資産(net asset)

純資産とは、大ざっぱにいって、借りてきている負債(借金)を除いた会社自身が持っている資産です。
代表的なものとして、資本金と利益剰余金に分けられます。

資本金(share capital)

会社の設立や株式の発行に際して、会社への出資者が払い込んだお金です。

利益剰余金(Statement of retained earnings)

会社がもうけたお金のうち、配当や設備投資などに使った後に余った分を積み立てたお金です。内部留保ともいいます。毎年の利益が利益剰余金として蓄えられていきます。儲かっている会社だと、この利益剰余金が毎年増えていきます。

 

matched contents